各店舗サイト

各店舗Webサイトへのリンク

2016年11月3日木曜日

日の出町ヒルクライム

10月30日(日)、関東圏で最後のヒルクライムレース
日の出町ヒルクライムミーティング」に出場してきました!!

受付が6時30分から7時45分までということで、早朝5時30分に出発。
空は薄暗く、車通りも少なかったので7時20分頃に無事辿り着きました。
受付を済ませ、開会式に参加
子供達のエントリーができる大会なので親子で来ている方が多かったです。


開会式の後は、自転車と身の回りの準備!
空気圧のチェック、チェーンオイルの塗布、ブレーキの動作チェックと
点検をしていきます。今回、あのサイクルジャージを持って来ました!


チーム右京の初音ミクジャージ!
気合入れていくぞ~!!

レース開始は、8時45分からタイムトライアルの後に
時間差で第1グループ、第2グループ、ジュニアカテゴリーの順番でスタート。
私は第2グループの出走でした。スタート直前に1枚写真をパシャリ


1グループ約100名の集団でスタート!片側のみ交通規制のため
センターラインをはみ出すことが出来ません(笑)

道幅も狭いので、3台並べば追い越しも難しい状態・・・
平均時速30km前後のペースでレースが進んでいきます。

先頭交代しても上がらないペース。ここで不安が一つ
先にスタートした第1グループが、仮に平均時速35km前後で走行していた場合
第2グループのペースが遅い分、ゴールしたときの順位が下がってしまいます。


何 と か せ ね ば


私が先頭交代に加わったときに、時速40kmまでペースを上げてみました。


「ここから協力して前を追いかければ上位を狙える!!」と思いながら後ろを振り返る


誰 も い な い


まさかの1人旅。前半がほぼ平坦なコースレイアウトなので、
しばらく第2グループの先頭を走ることに(笑)
スタートから5km地点の激坂が始まる手前で、1人、2人と追いついてきました。
「焦るなよ」と自分に言い聞かせて落ち着いてペースを維持して走ります。

この頃には、第1グループの方が見え始め、避けながら林道をのぼっていきます。
追いついてきた数名の選手は、私を追い越してペースアップ。
「追いかけなければ!」と理解はしているものの、前半に使った体力が大きいようで
ずるずると離れていく・・・

しかし、しばらくすると追い越した1人が何やら自転車を
押しているではありませんか!?運が悪くパンクをしてしまったようです。
私もパンクしないように路面を注意して走ります。

全長8kmの短いコース、気が付けば残り1kmの看板を通り過ぎていました。
激坂区間から少し落ち着いて勾配が緩やかになり、呼吸も落ち着いてきます。
くねくねと曲がった道を、第1グループの人達に紛れて走るとゴールは目前!!
最後は立ち漕ぎで、持てる力の限りペダルを踏みました。
第2グループの中では2番目でのゴール。


あとは、残りの参加者がゴールするのを待って
皆でゆっくり下山します。天気は曇り空でしたが心は晴れ晴れ(笑)


気温8℃と下りは凄く寒かったです。
ヒルクライムの季節が終わりに近づいているのを感じます・・・

「リザルトが出ましたよ~」とアナウンスが聞こえると同時にすぐ確認
結果はどうなった!?


年代別4位表彰は3位から

く や し い

それも3位との差は、わずか9秒
「スタート直後のペースが・・・」と後悔してもレースは終了

終わってみれば、自分から積極的なレースをした楽しいヒルクライムでしたが
表彰台まであと一歩、これはリベンジするしかありません!!

来年の「富士ヒル」「日の出町ヒルクライム」は、エントリーほぼ確定です(笑)
あと一つくらい追加で考えていますが、ゆっくり決めたいと思います。

皆さんも楽しいレースイベントを一緒に参加しましょう!!

それではまた(^_^)ノシ


2016年10月29日土曜日

行ってよかった


コースチェック!!

10月30日開催、「日の出町ヒルクライムミーティング」のスタート地点にやってきました!

左に曲がってスタート

ぎりっぎりの試走ですが、さすがに一回くらいは走ってみないとね・・・(笑)
約8kmと距離は短いですが、どんなコースレイアウトなのでしょうか!?いざ、出発~


2~3%の


地味~な


のぼり坂が続きます


ここまで約5kmほど

「なんだ、余裕じゃないか(笑)」


とサイクルコンピューターを見ていたら
このY字路を右に行ったところから地獄が始まりました。



狭 く な る 道 幅


急激に変化する勾配



キレイな・・・滝?


それよりも


肺 が 苦 し い

激坂を進むこと約3km,無事にゴールできました。
試走のタイムは27分29秒
 最大斜度15%

終盤に悪魔が潜んでた・・・


ゴール地点は、東京とは思えない山のど真ん中
ヒルクライムを制覇した後に見る景色は最高ですね!!


下りの途中に自転車屋さんを発見
実は、こちらの店主さんが今大会の実行委員だとか


いろいろお話を聞いちゃいました!

大会の運営、苦労、日本のスポーツバイクに対する価値観など
自転車屋で働いている私にとって、共感できるところが沢山ありました。

ちゃっかり勾配のきつくなるポイントも聞いてます(笑)



明日のヒルクライムレースは、アドバイスを活かして上位を目指します!!

頑張るぞ~ヽ(^。^)ノ


それではまた(^_^)ノシ


2016年10月26日水曜日

こいつの出番だ!!



ボントレガーホイール「アイオロス 3 D3 チューブラー
6月の富士ヒルでも大変お世話になりました(笑)

早速、ホイールを入れ替え


リムの高さが35mmと厚いですが、前後重量はトレックの公式で1160g
普段使用しているホイールより約350g軽くなります!そしてエアロ効果
本気で上位目指しますよ!(機材的に)


もう一つ、気になっていたところがバーテープ


黒ずんでいたので、新しいものに交換してリフレッシュ!
握り心地が柔らかいコルク素材のバーテープから
表面が硬めの滑りにくいマイクロファイバー素材に変更しました。


完成!


全体的に黒いカラーになったので、トレックの黄色い文字が映えますね♪
日曜日のサイクリングに参加された方は、
決戦用の自転車を一足先に見ていると思います(笑)


本番が近いですが、実は試走に行っていません・・・
ということで、今週の定休日にコースの確認へ行ってきます!
何やらヒルクライムとは思えないコースだと噂に聞きました。楽しみですね♪


それではまた(^_^)ノシ

2016年10月22日土曜日

おたすけ計算機!

前回の計測した最大心拍数185
安静心拍数(寝起き直後が望ましい)66を使って
トレーニングの目標となる数字を出していきたいと思います!


ここで役に立つウェブサイト「おたすけ計算機」の登場です。
心拍トレーニング以外の計算機もあるので便利ですよ!

数字を入力して計算した数字がこちら。
それにしても安静時脈拍数が66とは、測り方失敗している気がする・・・


それぞれの目安となる運動強度が出ましたが、今回はインターバルを参考にします。
インターバルトレーニングは、最大心拍数の90~100%(対乳酸運動)の
高負荷がかかります。人の全力疾走は1分も持ちませんが、全力を出した時に
私の場合、心拍数が173~185まで上がっていればインターバルトレーニングの
効果があるということになります。

そして重要なのがインターバル(間隔)を開けることです。
例として、全力疾走1分、休憩2分を1セットという風に決めて
初めは3セット、慣れてきたら5セット、10セットと増やしていきましょう。

車社会の日本は、「信号機が多くて走りにくいな~」と思われる方が多いですが
インターバルトレーニングは逆に信号機を利用しましょう!

車通りの少ない見渡しの良い道路があれば、信号機をスタート地点に決めて
青に変わった瞬間にダッシュ!

約1分、距離にして500m程を全力でもがきます(前を見て)
終わったらスローダウン、呼吸を整えて次のタイミングを定めます。

信号の変わる時間を計算しておくと、休憩時間をコントロールしやすいです。


高負荷のトレーニングは週1~2回のペースで行いましょう。
継続も大事ですが、やり過ぎは身体を壊してしまいます。
休息をとるか、自転車に乗る場合は近場のサイクリングで我慢です(笑)

今月末開催のヒルクライムイベントには、日数的にトレーニングの効果が
得られないと思いますが、「来年の富士ヒルへ向けて!」ですかね(笑)

気になる直線の道路があるので、やりたい実験も兼ねて
トレーニングの様子も更新していきたいと思います!!


それではまた(^_^)ノシ

2016年10月15日土曜日

全力の向こう側


心拍数を把握しよう」ということで
今回使用する物がこちら

サイクルコンピュータ ノード 2.1
と、付属してくる心拍計です。

※本来は地肌に直接装着します

ノード 2.1には、ヒルクライマーに嬉しい勾配計測機能があります。
まずは1番角度のあるところで、勾配をチェックしてみましょう!!


1 9 %
こんな激坂だったとは・・・
距離は300mと短めなので気合を入れて1本目!


最大心拍数166
まだまだウォーミングアップの段階です。
すでに苦しいですが2本目!


最大心拍数177
激しく心臓が動いています。
「うわ、何やってんの?この人」という視線を感じながら3本目!


最大心拍数180
意外と伸びない。呼吸も足も苦しいのですが・・・
限界はこんなもんじゃないはず!? 4本目!




しかし




それは、突然やってきました




高校時代に幾度となく経験したレースの思い出




 失 速 の 古 舘 」

いや~きついっす(笑)心がポッキリ折れてしまいました・・・
やはり高負荷なトレーニングする時は誰かと一緒の方が頑張れますね。

今回の検証は最大心拍数180でしたが、以前に記録した時は
最大心拍数185まで上がりました。まずは、この185の数字をベースにします。

次回は、寝起きに朦朧としながら測った安静時脈拍数と
最大心拍数を利用して、自分に合ったトレーニングの心拍数を計算します。


それではまた(^_^)ノシ