各店舗サイト

各店舗Webサイトへのリンク

2016年8月23日火曜日

トラック競技の魅力③


今回で最後のトラック競技紹介!
私の大好きな中・長距離(競技中はめっちゃ苦しい)のご説明です(笑)


スクラッチ

決められた距離を周回して1番先にフィニッシュした選手が勝利
トラックのロードレースとも表現されます。

リンク先JOCジュニアオリンピック自転車 男子Jr. スクラッチ10km 決勝

この種目は、自転車部時代に必ず参加していました。
単純なルールですが、レース展開や駆け引きの激しい
意外と奥が深い種目です。


4km速度競争

この競技は少し複雑です。
スタート後、ホーム側とバック側で決められた回数を
先頭で通過する義務があります。
ゴール着順は、先頭責任を果たした選手から優先されるので
仮に1着でゴールしても先頭責任を完了していない選手は下位に落ちてしまいます
そのため、スタート直後から先頭をとるために
ハイスピードのレース展開になりやすいです。

リンク先自転車 男子4km速度競走 決勝



エリミネイションレース

このレースは、見ていてハラハラ・ドキドキが止まりません(笑)
ローリングスタート後、2周毎に一番最後尾にいる選手が脱落していきます。
1人、また1人と減っていく中、すぐに2周目がやってきます。
位置取りを間違えると有力選手が1番に脱落する展開もあるので
常に周りの状況を把握しながら走る必要があります。

リンク先第3回全日本自転車競技選手権大会オムニアム エリミネーション男子



ポイントレース

先の団体種目で説明したマディソンを1人で走る競技
この種目も高校時代に積極的に参加していました(笑)
24km(高校種目の決勝・333mバンク72周)を周回するので喉がめっちゃ乾きます。
決められた周回時に着順でポイントが与えられるため
何回もペースが上がったり下がったり・・・
集団を周回遅れにすると20pt追加されるので、力のある選手は
狙って飛び出していきます。

リンク先第3回全日本自転車競技選手権大会オムニアム ポイントレース女子


最後に複合種目

オムニアム

スクラッチ、個人追抜き、エリミネイションレース
1kmタイムトライアル、フライングラップ、ポイントレースの
6種目を2日間に分けて行います。
各種目の順位にポイントが与えられ、合計点を競います。
特に最後のポイントレースは、獲得したポイントがそのまま加算されるため
逆転のチャンスがある大事なレースになります。



リオオリンピックも終わり次回の東京五輪が待ち遠しいです!
自転車競技では日本人選手の目立った活躍はありませんでしたが、
我らがTREKのカンチェラーラ選手が、ロードレースのタイムトライアル種目で
みごと金メダルを獲得しました!


引退するのがもったいないですね・・・

日本では、まだまだマイナーな自転車競技
実は観戦するだけでもとても面白いんですよ(笑)
少しでも皆さんに興味を持っていただけたら嬉しいです!





それではまた(^_^)ノシ

2016年8月18日木曜日

トラック競技の魅力②


前回の続きです。

個人競技は、単純にタイムを競う種目集団でレースをする種目があります。
特に、レース展開の変化が激しい長距離の種目は
時間を忘れるほど最初から最後まで目が離せません!


では、短距離種目のご紹介



1kmタイムトライアル

単純に1000mのタイムを競います。
競技場のホーム側とバック側から1人ずつ同時に計測
体力や筋力だけでなく、自転車の乗り方が上手くないと
タイムが伸びないので、単純ですが意外と難しい競技です。

  ※リンク先JOCジュニアオリンピック自転車 男子Jr. 1kmタイムトライアル決勝




スプリント(オリンピック種目)

この競技は、まず予選で200mのタイムを測ります。
予選タイム上位の選手が、1/8決勝・1/4決勝・1/2決勝と
1対1のスプリントレースのガチンコ勝負をしていきます。
負けた選手でも、1/4決勝まで敗者復活戦があり、
1/4決勝から3回勝負の2勝した方が勝ちとなります。

※リンク先自転車 男子スプリント 決勝 2回戦 

スタート後の駆け引きやゴール直前のスピード感は
トラック競技の華」と呼ばれるのも頷けるでしょう。



ケイリン(オリンピック種目)

日本の競輪が国際競技として発展した競技

 そう、国 技 な ん で す !

しかし、日本の競輪と違い地域ごとの協力やラインは関係なく
完全な個人競技なので、プロの競輪選手でも世界大会では
苦戦する事が多いです。



インディヴィデュアル・パーシュート
(個人追い抜き)

予選のタイムレースで上位の選手が決勝もしくは3位決定戦に進み
1kmタイムトライアルと同じように、ホームとバックで1人ずつ同時にスタートする。
プロの競技では4km,、高校競技では3kmを走りきる間に追い抜きをするか
追い抜きできない場合は、タイムの早い方が勝ちとなる。



短距離の種目は基本的に1対1の勝負です。
お互いが全力を出してゴールを目指すので、
迫力のあるレースが楽しめます。

とくに、スプリントはトラック競技の中で一番スピードの出る競技なので
東京五輪を生で観戦する価値はありますよ!


次は中・長距離種目
私が個人的に好きな種目がいっぱいです(笑)




それではまた(^_^)ノシ



2016年8月13日土曜日

トラック競技の魅力

熱戦が繰り広げられているオリンピックですが
自転車競技・トラックレースが8月12日(金)から始まっています。

トラック競技の見どころは、なんといってもスピード!
速さだけを求めた競技用バイクは、シングルの固定ギアにエアロフレーム
そしてブレーキはありません(笑)


自転車競技場にも種類がいくつかあります。
細い赤のライン(スプリンターライン)と太い青のライン(ブルーバンド)
間にある白いライン(計測線)を1周したときの距離
これが250m、333.3m、400m、500mと様々


日本は一般的に400mが多いですが、海外では競技規定のため250mがほとんど。
走路は板張り、アスファルト、コンクリートがあり
いずれも滑りにくいように加工されています。

一瞬で通り過ぎるロードレースとは違い
競技場を周回するので観戦もしやすいです。


それでは、競技種目の紹介をしていきましょう!
まずは、団体から


チームスプリント
(オリンピック種目)

3人1組で、1周ごとに先頭の選手が抜けていき
3人目の選手がゴールしたタイムで競う合う
予選タイムの上から順に決勝もしくは3位決定戦に進める


チームパーシュート(団体追い抜き)
(オリンピック種目)

4人1組で、4kmのタイムを競い合う
3人目の選手がゴールした時点で計測が終了するので
最低3名の選手で競技は可能
予選タイムの上から順に決勝もしくは3位決定戦に進める


マディソン

2人1組で行うポイントレース
決められた周回時にフィニッシュラインを通過した順位で
ポイントを稼いでいく競技
実際に競争する選手は1名のみで、同チームの選手は
身体に触れたりタッチすることで交代できる


基本的に個人種目の多い自転車競技ですが
息のピッタリ合った走りが見れる団体競技は
見ていて気持ちがいいです(私だけかも)

次回は個人種目の紹介をしていきます。



それではまた(^_^)ノシ






2016年8月7日日曜日

オリンピック

始まってますね!

男子・ロードレースは新城幸也選手が27位と
ロンドンオリンピックより良い成績でのゴールでした。

初出場の内間康平選手は残念ながら
DNF(途中棄権)という結果でした。


今後の競技日程は
 
8月8日(月) 0:15
女子・ロードレース

8月10日(水) 20:30
女子・タイムトライアル

8月10日(水) 22:00
男子・タイムトライアル

8月12日(金) 4:00 ~ 8月17日(水) 6:20
トラック競技

8月18日(木) 1:30 ~ 8月20日(土) 3:10
BMX

8月21日(日) 0:30
女子・クロスカントリー

8月22日(月) 0:30
男子・クロスカントリー

となっています。
これらの全種目はNHK BS1で録画放送されますので
放送日時と種目は要チェックです!

私は自転車競技部の経験からトラック種目に注目しています。
現在の機材はどのくらい進化しているのか!?
各国の主要選手は4年前と、どう変わっているのか!?

気になりますね~(笑)


という事で
次回からトラック種目について説明したいと思います。



それではまた(^_^)ノシ



2016年8月3日水曜日

踏み脚と引き脚

ロードバイクに乗っている方の大半が使用している
ビンディング(ペダルとシューズを固定するやつ)


最大の利点は、引き脚が使えること

通常、自転車に乗る時はペダルを踏み込んで前に進みます。



それが、ペダルとシューズを固定する事によりペダルを引っ張る事が出来ます。




踏むと同時に引くことで効率よくペダルを回転させることが出来ますが
ビンディング初心者の陥りやすい罠があります・・・



それは


引き脚を意識しすぎること



ビンディング=引き脚
という知識はロードバイク初心者でも知っている方が多いです。

しかし、人の脚力は圧倒的に踏む方が力が入ります。
引き脚ばかり意識しすぎて踏み脚が疎かになってしまうと
余計に疲れてしまいスピードも余りでません。


そして大事なのは、踏み脚も引き脚も円運動ということ


ただ踏む、引く、ではなく
弧を描くように踏む→引くの動作を連続して行う事が必要です。




踏み脚50%、引き脚50%の力で走る事が一番の理想ですが
簡単そうで意外と難しい・・・


そこで、私がよくやっているオススメのトレーニング方法があります。



平坦な道をギアを重くして走る


それだけ(笑)

ギアを重くすることでペダルをゆっくり回す事ができるので
その時に踏み脚と引き脚、円運動をイメージしやすくなります。

特にヒルクライムでタイムを縮めたい方はぺダリングを見直してみると良いでしょう。




それではまた(^_^)ノシ